ミネラル酵素グリーンスムージーでダイエットをしよう!

MENU

手軽にグリーンスムージー

今やグリーンスムージーは知れ渡った健康飲料といっていいでしょう。自宅でも手軽に作れるように、ジューサーもたくさんの種類が販売されています。専門店まで出来てきていますね。少し前までグリーンスムージーというと、野菜(緑野菜)というイメージが強く飲みにくいものだった気がしますが、今では色々な工夫がされ美味しい調合などもたくさん出てきていて非常に飲みやすいドリンクへと変わってきました。

 

自宅で手軽に作れるようにジューサーのメーカーも力をいれたりしてきているようですが、個人的にはグリーンスムージーというと「朝食」というイメージなので朝に作るのが一般的かと思います。そうなると、朝からジューサーを出し、野菜や果物を切りそれらをスムージーにするというたくさんの手間が発生しますね。ずぼらな性格の私はそんな手間がとても面倒に感じてしまいます。

 

そこを解消してくれるのは、粉末でできたグリーンスムージーです。これならジューサーを出したり洗ったりしまったりする必要はなく、野菜や果物を毎日毎日用意して切ってということもしなくていいですし、楽チンのひと言に尽きますね。購入はグリーンスムージーおすすめランキングを参考にして決めるといいですよ。

 

グリーンスムージーは健康維持の為に飲む方が多いのではないかと思うのですが、維持するとなると長く続ける必要がありますから手軽に出来るということはポイントが高いと思います。

 

 

私が飲んでいるグリーンスムージーは、甘さが結構あります。牛乳や豆乳で割るのが美味しいと思うので、日によって変えながら飲んでいます。初めてグリーンスムージーを飲んだ日はあまりにお腹がポコポコいうので体調が悪いのかと思って心配しました。でも、それは腸が働いている証拠で結論としてお通じが非常によくなりました。元々、別に便秘症というわけではなかったのですが思った以上に腸の働きがよくなり活発に動くのでビックリしています。

 

おなら体質ではなかったのが、毎日おならが出るようになり腸の中でグリーンスムージーの効果が発揮されているのを感じます。牛乳で割るのと豆乳で割るのではスムージーの状態が違っていて、味もだいぶ違います。牛乳はサラッとしていて気泡がたくさん出来るので、空気もたくさん飲むイメージですね。豆乳はドロッとしていて、とてもしっかりと食事をしたような状態になり腹持ちも大変いいので朝食をグリーンスムージーだけにすることも可能です。

 

もちろん水で割っても飲めますが、牛乳や豆乳で割ることばかりしていたので水は物足りない感じがします。朝食の代わりにグリーンスムージーだけにすれば、一日のカロリーがだいぶカットされてダイエットにもいいかもしれません。