ミネラル酵素グリーンスムージーでダイエットをしよう!

MENU

飲むサラダ、グリーンスムージーとは?

 

スムージーは、お店で飲むもの。自宅で作るのは面倒では?と思っていませんか。簡単にご家庭で作ることのできるグリーンスムージーの作り方を紹介します。毎朝、お食事前に飲むことをおすすめします。

 

まず用意する材料は、大きめのコップ1杯とすると次のようなものを準備してください。青菜(小松菜1~2束もしくはベビーリーフ1/2パック)、セロリ1/4本、パセリ数個(手の平に収まるくらい数個)、アボガド1/4、キュウイ1/2個、リンゴ1/4個、パイナップル小口2~3個、柑橘系の果物(オレンジやみかん、1/2個)、レモン1/4個。お持ちのミキサーによりますが、水分が必要な場合、100%のグレープフルーツジュースを1/3~1/4カップ位いれると上手く作れるのでご用意ください。

 

野菜類は、軽く小口切りにしてください。次にアボガトは皮をとり、少し細かめに刻んでおくと良いでしょう。果物類は、レモンを除き、全て小口切りにしてください。ミキサーに、柑橘系の果物、アボガト、青菜、セロリ、パセリの順に入れ、最後にグレープフルーツジュースを加えてなめらかになるまで撹拌してください。十分滑らかになったらスムージーの完成です。最後にグラスに注いだあとにレモンを絞ると飲みやすくなります。

 

食材にセロリが入っており、食物繊維が入っているのでお食事前に頂くと直接お食事が身体に吸収されることを防ぎます。野菜を多く摂取することが難しい方、忙しい方は毎朝作ることを習慣化すると、胃腸も活発化しお通じがよくなり、生野菜を直接頂いているので活力がわいてきます。

 

今は市販のミキサーは多機能なものが多く売られています。飲みきれないスムージーを持ち歩いたり、そのまま保存できるようにミキサー本体そのものが携帯できるタイプのものもあります。また、野菜がもつ酵素を壊さない優れたものもあります。ミキサー自体を変えるとスムージーから得られる栄養分もまた変わってくるでしょう。
加える食材の配分を毎朝、その日の体調により変えることもできるのが長く続けられるコツです。

 

だんだん続けて飲むようになると身体が何を欲しているか分かるようになってきます。「緑黄色野菜が多く摂りたい」、「ストレスを感じているのでビタミンCを多く摂りたい」「活力が欲しいのでアボガトを多めにしよう」などです。身体が欲している食材の分量にそって毎日作るようにしていくと、継続して摂取することが出来、他の食事内容を更に健康的なものにしよう!など意識が変わってくるのが実感できます。